RECRUIT

0か100
それが警備という仕事。

写真:社内

人命と人権、そして地域への信用を守る。

ALSOKあさひ播磨では、国の施設である「島根あさひ社会復帰促進センター」と「播磨社会復帰促進センター」ならびに「加古川刑務所」においてPFI事業を受託しています。

この仕事に求められるのは、洞察力や観察力、粘り強さ、コミュニケーション力などです。もちろんそれらは働きながら培われていく部分が大きいでしょう。入社後は警備業法に則って初任研修を受け、その後も年に1回の現任研修を受講します。1年目は養成期間で、徐々に班長、方面隊長とキャリアを積んでいきます。
人命と人権、そして地域への信用を守る、理想のPFI刑事施設運営を目指して、質も量も時代に合わせてレベルアップしていきたいと考えています。さあ、「毎日半歩ずつでも前進を!」と願う私たちと共に歩んでいきましょう。